戦争映画の一方的評論

「ワンスアンドフォーエバー」 評価★★★★☆
2002 アメリカ 監督: 主演:
(2002/07 映画館で視聴) 

 ベトナム戦争初期中最も悲惨な戦いであったとされる、イアドラン渓谷の激戦。この騎兵師団の第一大隊を指揮するハル・ムーア中佐の手記をもとに作られた映画で、原作は角川書店より「ワンス・アンド・フォーエバー」が出版されている。
  買うならここで(書名で検索すると出てきます)

  私は原作読破は映画の後と決めているので(映画の感動が薄くなるので)、内容を良く知らぬまま前評判の激しい戦闘シーンと愛と感動のヒューマンドラマ?とやらに大いなる期待を抱いての鑑賞となった。

 戦闘シーンは確かに映像、音響ともに十分見応えのあるものであった。四方八方からわいてくるベトナム正規軍及びベトコンと飛び交う銃弾は自分自身がそのさなかに放り出されたような恐怖を感じる。また、低空を飛び交う銃弾の音や、人間に被弾する生々しいびちゃという音ははっきり言ってお食事時には絶対避けたいものだ。
 「プライベートライアン」の生々しさはスケールの大きいものであったが、「ワンス」のこれは、ジャングルでの狭苦しい中でのリアリティである。かなり評価してもいいだろう。
 また、次から次へと撃たれ倒れていく兵士達。しかし、致命傷でなければ何発当たってもなかなか絶命はしない。原作でもそうだが、これが真実の戦闘のようだ。他のアクション映画などで、拳銃弾1発で絶命するあたりのリアリズムとははっきり一線を画する。ただし、ベトナム兵は結構1発で倒れているのはどうであろう。とはいえ、米軍の弾がなくなりつつある危機的状況がなんとも緊迫感を呼ぶ。輸送ヘリや攻撃ヘリのリアルさもすごい。まさに息詰まるとはこのことをいうのだろう。早く応援の兵隊を!砲撃を頼め!何故ヘリは着陸しないんだ!などと思わず画面に向かって指示したくなるほどのものだ。
 ただ、苦言を呈するならば、戦闘シーンの場面設定や地形が全くわからないこと。どの中隊がどの位置にいて、どう孤立し、助けに行ったのかがわからんのです。これがわかればさらに緊迫した映像となったでしょう。唯一地図が出てくるのがベトナム軍の参謀本部での作戦図のみというお笑いぐさ。

 さて、ヒューマンドラマのほうはといえば、若き小隊長の少尉の妻と子、戦死訃報の配達などはっきり言ってかなりの感動と感涙を誘う。さらに、黒人兵の妻の死を受け入れない半狂乱シーンなどは素晴らしい感動であった。はっきりいって涙した。が、評価点90点(★4.5)と満点ではないのは何故なのか。戦闘シーンだけならば95点。ヒューマンドラマ部分のみなら95点をつけよう。しかし、総合では90点なのだ。何故なら、全体のバランスがやや悪いのだ。考えても見ていただきたい。心臓が縮こまるような恐怖の後に、すぐお涙が流れるだろうか(実際は流れたんだけど、凄く後味が悪い(笑))。あまりの急展開に心がついていけないのだ。せっかく良い内容なので倍ほどの時間をかけたら良い作品になったのではないかと思う。または、どちらかに焦点を絞って映画化すべきではなかったかな。

 映画観賞後、原作を読んだが、これがまたひどい。本文中に地図が全くついていない。第一大隊450名もが展開する戦場のイメージが全くわからないのだ。結局、自分で地図を作成して読んだのだが、それでもよくわからない(涙)。
 さらに、映画化されたのは前半部分のみで、後半部分がさらに悲惨な戦闘であったことがわかる。ハル中佐は前半で帰ってしまうのだが、第2大隊と他の騎兵師団がジャングル内ではちゃめちゃにやられている・・・。こちらの戦死者の方が多く、戦闘も凄惨であったようだ。これらを全部読破するのに数日はかかった。まあ、こちらまで映画化したら、見応えありすぎで困ってしまうかもしれないけど。
 なお、ヒューマンドラマ部分は、おまけと言う感じで書かれていた。映画であれだけクローズアップされていたのは、女優の演技力が光っていたというべきだろうか。

 以上、悪くはないけど、疲れた映画だった。

2002/08/01)


DVD ワンス・アンド・フォーエバー 【TDV-2701D】 =20%OFF!《発売日:03/01/21》" > ワンス・アンド・フォーエバー

原作翻訳本
「ワンス・アンド・フォーエバー」(角川文庫895円)
書評:アメリカ史上最も長い戦争となったベトナム戦争。その長期化の原因といわれ、最初期の過酷な地上戦として知られるのが、イアドラン渓谷での激戦だ。ヘリで戦地に降り立ったハル・ムーア中佐率いるアメリカ空中機動騎兵部隊四五〇名は、瞬く間に二〇〇〇の北ベトナム兵に取り囲まれる。ヘリの着陸地点(Xレイ)に釘付けのまま死闘が続き、激しい敵襲の前に救援ヘリも着陸不能。最悪の戦況下、渓谷は夜の闇に包まれ、これ以上の犠牲に耐えられないムーアは決死の作戦を敢行する…。全米大ベストセラー・ノンフィクション。
ワンス・アンド・フォーエバー ワンス・アンド・フォーエバー

著者:ハロルド・G.ムーア / ジョセフ・L.ギャロウェイ
出版社:角川書店
本体価格:895円
楽天ブックスで購入する楽天ブックスで購入する

興奮度★★★★★
沈痛度★★★★
爽快度★★
感涙度★★★★