オンラインDVDレンタル ぽすれん

 
オンラインDVDレンタルなら『TSUTAYA DISCAS』!

かぽんの戦争映画
一方的評論
 
「シリーズ激動の昭和 3月10日東京大空襲語られなかった33枚の真実 
評価★★☆ 東京大空襲を撮影した貴重なネガ

2008  TBS プロデューサー:島田喜広
出演者: 仲村トオル、原田泰造、竜雷太、酒井美紀ほか
129分(正味80位?) カラー 

 
DVD検索「東京大空襲語られなかった33枚の真実」を探す(楽天) 

 月曜ゴールデンの「シリーズ激動の昭和」で放映された、ドキュメンタリータッチテレビドラマ。1945年3月10日、東京は米軍のルメイ将軍指揮下のB −29爆撃機の大編隊により無差別大空襲を受けた。10万人を超える死者が出た東京大空襲を撮影した地上の写真は33枚しかないと言われる。本作はその 33枚の写真を撮影した警視庁警察官、石川光陽を主眼に描いたものである。再現ドラマ形式に、記録映像、記録写真、CG、関係者のインタビューを交えた構 成となっている。記録映像は、戦時中の日本のもの、アメリカ製作のものが見られる。
 警務課写真係だった石川光陽(仲村トオル)は当時41歳で、坂警視総監から記録写真を残せと命じられ、撮影したと言う。大被害の最中に見た凄惨な状況 と、写真を巡る戦後の逸話が描かれている。このほか、幼い子供を守ろうとして殉職した、若き警察官刑部(原田泰造)の逸話が挿入される。
 
 東京大空襲の惨劇と、無差別爆撃のむごたらしさが映像からひしひしと伝わってくる。33枚の写真は、著名な親子の焼死体など見るに堪えないものである が、決して目をそむけて通るわけにはいかないものである。死んだ10万人の親子、兄弟にそれぞれの人生があり、無縁仏として奉られる多くの魂の鎮魂を願わ ざるを得ない。逃げ惑う幼い子供たちの姿にはただただ、涙するばかりだ。そう言う意味で、本作の持つ意義は小さくない。

 ただし、ドキュメンタリードラマとしての出来は今ひとつ。2時間超えの長さにも関わらず、内容がちょっと浅い。とにかくコマーシャルが多すぎるのも辟易 としたが、実質のドラマ部分は1時間分くらいしかなかったのでは。記録映像やナレーション解説、インタビューも断片的で、多角的な視点というものがほとん ど見られない。最悪なのは、ラストに登場する筑紫哲也得意の何でも批判主義コメント。彼の政治的視点にもっていくための、恣意的な誘導編集がやたら目に付 いた。そのため、無差別空襲に対する真実の検証や、亡くなった多くの日本国民の実情が真摯に描かれることはなく、本作が何を企図したのか焦点がぼやけてし まっている。1年間の取材というのが本作のうたい文句のようだが、今回取り上げられた東京大空襲のデータ類は、はっきり言って入門編程度のもので、新知見 や深く掘り下げたものがまるでないのが残念。1時間もののクイズ番組レベルかな。
 石川がライカで撮った33枚の写真は我々に何を伝えてくれるのか、我々は何を伝えていくべきなのか。アメリカ軍の無差別爆撃は何故起こったのか、その実 態とは。本来はそうしたところに企図が向くのだろうが、本作では何故か、米軍の新兵器、しまいにはベトナムのナパーム弾、イラク・アフガンのクラスター爆 弾批判に向かっていく。あー、やっぱりそういう方向に作りたかったんだなあ、と思わざるを得ない。
 また、ルメイ将軍に司令官が替わってから無差別爆撃に切り替わったこと、戦後にルメイが日本政府から叙勲されたことなど、ルメイの行った罪について検証 していくことは重要なことであるが、それが単に批判だけに終わってしまうのはもったいない。本作でも若干触れられてはいたが、ルメイは何を考えていたの か、ルメイの国際法違反命令に米兵は何故反対できなかったのか、その時アメリカ政府はどのように位置づけていたのか、米軍の無差別爆撃に日本はどのように 対応したのか、と言った部分についてもっと突っ込んで欲しかった。戦時の狂気というのは、軍人や政府だけでなく、一人一人の国民の意識にも直結しているも のだからだ。確かに、国民は被害者ではあるけれど、被害者意識だけでは戦争の惨劇から逃れることはできない。国民の一人一人が国体を形成していた訳であ り、戦争行為とは単に善悪二元論で評価できるほど単純ではないはずだ。

 ドラマ部分の映像やCGはなかなか秀逸。燃え盛る火のシーンや焼夷弾落下シーンはかなり迫力ある。画面から熱さも感じるし、圧迫感と凄惨さが十分に伝 わってくる。これだけしっかりとした映像、CGで描いていたので、もっと、33枚の写真に焦点を絞ったドラマ部分だけにするか、東京大空襲のドキュメンタ リーに特化するか、どちらかの方が良かったのにと思う。本作のようなドラマにインタビュー挿入形式は、どうもしっくり来ないのだ。もちろん、ドキュメンタ リーにするならもっと多角的、深層的な取材は必要だろうけど。
 ドラマ部分に描かれたストーリー自体は悪くないし、アメリカの無差別爆撃の再評価の契機という点では貴重な作品である。個人的にはドラマ仕立てにして欲 しかった。妻と子供の遺体を見つけて慟哭する警察官のシーン。それだけで十分伝わるものはあるだろうに、どうしてもそれだけで終わらせることができなかっ たのだね、TBS。願わくば、他局でもう一度作り直して欲しい(笑)。

 最後に、気になった点。東京大空襲の写真はほとんどないとされているけれど、本当に軍部の報道班等の写真はなかったのか。通常の軍なら戦略的資料とし て、記録写真を撮ることは必須業務だと思うのだが、日本軍はもはやそこまでの体力がなかったのか、またはGHQに接収されたのか?。機密保持の観点から一 般人の写真撮影は禁じられているのは当然としても、軍の写真班の動向も調べてみたら面白かったんじゃないかと思った。

興奮度★★
沈痛度★★★★

爽快度★
感涙度★★★

映画見るなら ⇒スカパー!初期費用無料
オンラインDVDレンタルなら『TSUTAYA DISCAS』!
古本市場】激安古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取
新刊書籍・雑誌・DVDジェイブック
新品DVD・家電
い〜でじ!! 


(以下 あらすじ ネタバレ注意 反転でご覧下さい)



(2008/03/10)